.

自賠責保険は正しくは自動車損害賠償責任保険という保険で、略すと自賠責保険と言うものです。

自賠責保険は属に強制保険と言われ、愛車を定期的に定められている車検に出す際は、定められた車検の期間に効果のある自賠責保険に加入していなければなりません。

言い換えればすべてのクルマが加入する必要がある保険です。

ではクルマが自賠責保険に入ったまま売ったケースではどうなるでしょうか。

強制保険(自賠責保険)は車検の際に更新されるケースがあったりしますが、仮に強制保険(自賠責保険)に入っているクルマを売却した際は、お金が戻ってくることはほとんどないと思います。

というのも、自賠責保険の加入を消して新しい所有権を持つ人移行することは少し面倒なのです。

ですから自動車損害賠償責任保険は、名義変更後にクルマと一緒に譲るということが普通です。

ただし、それと同等の額を買取額に上乗せしてくれるものです。

自動車損害賠償責任保険という保険は自動車税と違って、既に納めた額を1ヶ月単位で割った額が戻ってくるのではなく、買取額に乗せる方法を利用するケースが一般的ですが、この上乗せが査定に明記されるケースはほとんどありません。

そのため引き取りの場合は自賠責保険の金額が見積額に反映されているかをチェックする必要があります。

自分で払った保険料がいくらかということを知っておけば見逃すことはないでしょう。

その自賠責保険の加入額に関しては契約期間次第で異なるものなので、注意してください。

クルマの処分や廃車の場面では保険の名義書き換えをしましょう。

仮に名義書き換えを忘れていたら保険の提供元からあなたに自賠責保険の満了の知らせが来ることになります。

あなたが手放すか悩んでいる自動車がほんの少しでも高額で手放すことができることを応援させて頂きます。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.gamificationworldasia.com All Rights Reserved.